ブログトップ

回遊魚系ツーリストのハワイ日記☆

travelest.exblog.jp

回遊魚系ツーリストとは、留まることなく旅先で常に動きまわるスタイルです。 合言葉は『ガンガン活・活・活ッ!』 旅先での日一日を大切に、沢山の景色に出会っていきたいです。 旅とは癒し、そして旅は心のビタミン。 その国の街並みや歴史を散策して、一生のうちで見れる景色を沢山観てまわりたいと思います。 今はハワイがメイン。 ハワイの景色、沢山ご紹介したいと思います。

b0272040_17363907.jpg
ついに最終日です。日付は2016年9月3日(土)となりました。 
6:10起床。
時計の針は残酷に、でも極めて正確に刻み続け、この日を迎えることになりました。
でも巻き戻して…なんて言いません。
楽しかったしその時間、その人たちに、その景色に、もう一度逢えるか分かりませんからね。 
そしてまた失敗さえも、記憶の中では素敵な想い出へと昇華してしまうのですから、時間を戻してしまうことに、もはや意味がありません。
な~んてね。 
失恋の時はそう思えないのですがねw あの時こうしていれば、ああしていれば…なんてね^^ なははw


さ。今日も行こう♪
さよならの時間は短いです。
ホノルル空港からJL783。13:10発となるので、あまり時間はありません。
b0272040_17384875.jpg
朝のクヒオ通りを眺め、バスを見送るのが日課。
今日は連結の2番を見送りました。
ザ・バスは私の旅では欠かせない相棒です。 相棒よ、また来年よろしくね^^♪
b0272040_17370166.jpg
日課と化した天気予報。
台風は直撃せず、なんとか島の北側を通過していくようです。
飛行機の発着には大きな問題は無さそうです。
それにしても…。
b0272040_17390732.jpg
ウェザーキャスターのお姉さん、いつもぴったりなボディコン風なので…その~。。。
て、天気がアタマに入りませ~ん! ><
なははw 来年来たときも、またこの天気予報を毎日チェックしよう。
うん、天気は大事だから天気を調べるために見るのですよ。うんうんw てへへ~www
b0272040_17392934.jpg
さ。朝食を頂きに出掛けるよ~♪ 最後はワイキキでの朝食です。
最後な訳ですから無駄な写真を沢山撮ったので、面倒で無ければお付き合いくださいませ^^;
b0272040_17393443.jpg
同じワイキキ内とはいえ、朝食の場所は西の外れにあるのでバスを利用しちゃいます。
バス旅はこれが終バス。20番が来てくれました。来年もよろしくね~ノシ
b0272040_17402971.jpg
バスはアラモアナblvd、ディスカバリーベイの前で下車です。
このコンドも興味ありますなぁ~。
して。
b0272040_17401351.jpg
信号を渡ってイリカイを目指します。
こちらもまた、いや買えるならこっちの方が…なんてねw
b0272040_17404630.jpg
b0272040_17410011.jpg
いざイリカイへ進入ッ!!
相変わらず、吹き抜けのロビーは素晴らしいの一言に尽きます。
ここのロビー、嗚呼ハワイへ来たな~という雰囲気を感じさせてくれます。
素敵なアコモです☆ こういうロビーがある所は地味に少ないんですよね。
b0272040_17411295.jpg
はい。
もうお分かりかと思いますが、イリカイに朝食へ来たという事はシナモンズですね。
ツウぶって「シナモンズですね」なんてエラそうに書きましたが、カイルアのシナモンズで食事したことさえ無いというwww
地味に初シナモンズです。ぬっはははw

b0272040_17413786.jpg
程よく空いている店内。
誰もワイワイ浮かれていなく、なんか落ち着いていて最終日っぽいです。
最終日と言えば、私の定番はワイラナコーヒーハウスなんです。
なんというか、その店は浮かれていなく、日常のハワイがそこにあって、そこに溶け込み、最後のハワイを淡々とこなしていくのが定番なんです。
ワイラナは『また来よう』、そう思わせてくれるハワイの日常を感じられる良い店です。
b0272040_17415370.jpg
さて今回はシナモンズ。
折角なので、ハーバービューなカウンターにしました。
b0272040_17420435.jpg
そしてどんな朝も珈琲からスタート。
私たちもまた、最後の朝を、淡々とルーティンをこなしていくことにします。
静かだけれど、ここはワイキキ。そこそこのざわめきがあって心地良いです。
な~んて感傷っぽく浸っている訳にはいかず…。
b0272040_17422866.jpg
かなはメシが来るまで「ひま~」とヘン顔披露w
なんでやねんw
少しするとカウンターの席にビジネススタイルの英国紳士が2名ほど来ました。
本当にイギリスから来て、仕事をしに来たようです。 羨ましいような、そうでないような^^;
b0272040_17424033.jpg
さて。
b0272040_17430263.jpg
せっかくですから、シナモンズ名物なグァバシフォンパンケーキを頂きます。
レッドベルベッドは、絶対に食べられないほど甘いと分かっていますから、おのずとグァバシフォンの1択となります。
いやいや。
これウマイね! 見た目ほど甘くなく、良かったです。
b0272040_17431040.jpg
その相方にはチャイニーズオムレツ。
オムレツというより、お好み焼き風味で落ち着く味でした。 ハワイのオムレツを期待するなら、これでは無い方が良いかな。

ごちそうさま。
いろいろ食べて来たけれど、ハワイは美味しいものが多いね。
私なんか、まだまだ食べていないものが沢山あるだろうから、もっともっと! いろんな場所へ訪れて食に、人に出会ってみたいです。

b0272040_17432826.jpg
食後はどうしよう?
1箇所だけ行きたいところがあるけれど、その前にワイキキをぶらぶらしようかな。
時間を気にしつつ、ワイキキをぶらり散策開始します。
b0272040_17440483.jpg
ならば…。
アラモアナblvdへ戻らず、海側を歩くことにします。 
こっちの方が近道だし、なんといっても景色が良いですからね☆
b0272040_17441155.jpg
ヒルトンのラグーンからエントリー開始。
このラグーン周辺は、沢山のジョガーが朝から黙々と走っています。
ツアラーなのか、近くの職場の方なのか…欧米人はナニやってもカッコイイなw
b0272040_17442592.jpg
台風が近づいているから、天候はイマイチ。
最後にスッキリとしたワイキキを眺めたかったです。
あ、ダイヤモンドヘッド様、おはようございます。
b0272040_17443360.jpg
ヒルトン名物のレインボータワー。
確か最近、タイルを貼り換えたんだよね。
俺は泊まることが無いだろうけれど、家族連れならば、特にお子さんが小さいならばヒルトンはお勧めです。
さっきのラグーンで遊ばせてもいいし、ヒルトン内にペンギンやフラミンゴなんかも居て、ホテル内で十分に楽しめる仕掛けが沢山ありますからね。
b0272040_17445745.jpg
そして吹き抜けのロビー&テラスがハワイ感をアップさせてくれます。
本当にゆったりとしたハワイを過ごすならば、ホテルのパフォーマンスが重要なんですよね。
プールとかジムとか、こういった広いパブリックスペースはホテル自体に余裕が無くては造れませんもの。
b0272040_17450472.jpg
おー、トロピックスバー&グリルは人気ですなぁ。
朝からこんなに人が食事を楽しんでいます。ここもいつか訪れたい店です。
そうだ…。
ヒルトンといえば数年前訪れたタパ・バーも良かったな。
もちろんそこは、ブルーハワイ発祥のバーだから飲んだけど、それ自体はそれほどでもw
でも通路にひっそりと存在する佇まいは独特で、何か落ち着くバーなんですよね。
もしヒルトン滞在の際には是非に。

b0272040_17454035.jpg
ビーチはワイキキショアまででエンドとします。
いつもどおりショアの横の小道を抜け、そのままサラトガrdへ入り大商店街(カラカウアave)を目指します。
エッグスンは大盛況だけれど、以前より待つ人の数が減ったような? 印象を受けました。
b0272040_17464758.jpg
朝のカラカウア。
ジョガーがちらほらいて、楽しく会話する声、クルマの音、活気の入口にやってきた感じ。いい感じ。
b0272040_17465989.jpg
チーズケーキファイクトリーは清掃中。
なんだかんだ言っても、ここは来ちゃうんだろうな~。 ページャー持って待つんだろうな~w
そして大きな皿に盛られた料理を見て『食べきれないよ~!』って、笑顔で言っちゃうんだろうな~www
それがCKFの醍醐味だからね♪♪
b0272040_17470970.jpg
そしてそのCKFとアウトリガーワイキキとの境にある小道。
撮影ポイントながら天気がどんよりしてしまい、イマイチ感満載ですなぁ^^;
皆さん、ここはカッコ良く写真に収めますよね~。 よし来年はカメラを買い替えようw
b0272040_17471883.jpg
そしてそしてトリ・リチャード。
お洒落なディスプレイだな~と、パチリ☆
そそ。 そろそろ自分用のアロハシャツを買おうと思っていて、どこにしようか迷い中です。
なんとアロハシャツ、1枚も持っていないんです><;
このトリ・リチャードも候補だけれど、初めてならばド定番なカハラのデュークス・パレオなんかもいい。
個人的にはイオラニの柄が好みだけれど、ビンテージ系なアロハも捨てがたい。。。
ん~~~。
来年までの宿題としておこう。(と言う名の先延ばし措置w)
b0272040_17473177.jpg
すっかり様変わりしたインタマ。
来年(2017年)に訪れたら、もっとお店がオープンしていて華やかになっていて欲しいなぁ~。
ワイキキのオアシスを壊してまで、集客に寄せた戦略なのだから後には引けないハズ。是非とも頑張って欲しいです!
b0272040_17474016.jpg
モアナサーフライダーへご挨拶も欠かさずに。
いつも、ここの6階にある渡り廊下に来ることが定番だったのだけれど、今回は行かなかったな~。
部屋は狭いけれど写真のバニアンウィングは魅力的。いつか泊まりたいです。

このレトロな佇まいでさえ、一時期は時代に翻弄され、普通のホテルへリノベーションした時代がありました。
「古臭く時代に合わない」とされていた時代があったのです。
そして本筋に戻ろうとした際、リノベーションの際に壊して地下に放置した装飾品から、ここまで復旧したのだから凄いものです。
1901年に建った、ワイキキで最古のホテルであったモアナホテル。
お隣のサーフライダーホテルと1950年代に合併し、タワーウィングを建設して現在の形になっています。
現在はモアナサーフライダー・ウェスティンリゾート&スパと名が付いており、『ウェスティン』となっていますが…
そそ、ワイキキのホテルはモアナサーフ、ロイヤルハワイアン、シェラトン(カイウラニ含む)など、スターウッド系が多かったです。
でもこのスターウッドがマリオットに買収されたため、オセロの色がパタパタと変わるように今はマリオットがトップとなる訳です。
ホテルひとつとっても、ハワイは、特にワイキキの新陳代謝は早く、あっという間に名前や建物自体が変化していくのです。
ここまで早い変化を繰り返す場所は、世界を見てもそう多くは無いと思います。
歴史を知ったからナンだ、という訳では無いですが、そういう角度から眺めるのもまた、ハワイの楽しみ方のひとつだと私は感じでいます。

b0272040_17480148.jpg
デュークカハナモク像まで来ました。

デューク・パオア・カハナモク。 

この名はハワイアンで知らない人は居ないでしょう。 伝説のウォーターマンです。
もちろん、サーフィンの父として有名ですが、彼はオリンピックのメダリストでもあります。
1912年、ストックホルムオリンピックでは自由形の世界記録を更新しての金メダル獲得でした。
そんな彼も少しだけ苦労して辿り着いた金メダルでした。
彼はズバ抜けた才能がありながら、最初は大会に出場すると成績はいまひとつでした。
何故だと思いますか?
それは、ハワイで生まれ育ち、温暖な海しか知らなかったからです。
つまり、冷たいプールの水が合わなかったため、だったんです。
なんともw でもあっという間に順応して金メダルを取る訳ですから、やはり伝説の人なんですよね^^

さ。
クヒオビーチまで来て、さてここから北上すればアコモですが、ワイキキで観光する場所が私には1箇所だけ残っています。
それは今回の旅のテーマ、そのひとつ「ダミアン神父を訪ねる旅」のラストを飾る場所です。
なんとここ、ワイキキにあるんです。
b0272040_17481782.jpg
その場所が見えてきました。
結婚式の場所として知っている人も多いかな?
b0272040_17484104.jpg
セント・オーガスティン教会です。
ここはダミアン神父、そしてマザーマリアンヌの歴史資料館を兼ねているのです。
中に入ると清掃中。
許可を取り、中に入らせて頂きました。

ワイキキの中にありながら…静かで落ち着く空間が、そこには在りました。

b0272040_17493500.jpg
素晴らしい装飾でもなく、気品や重厚感はここには存在しません。
でも静かで落ち着きます。 何故だろうか。。。
b0272040_17515647.jpg
綺麗なステンドグラスだけが、際立ちます。
さて。散策、散策♪
b0272040_17504737.jpg
b0272040_17505575.jpg
幾つか在りました。
簡素ですけれど、大切に扱われているように思いました。
ダミアン神父は亡くなった今でも、その精神は忘れられないように、ここワイキキにも在り続けているのだと思います。
精神だけではなく、またハンセン病患者は今も未だ存在していることも忘れられないように。
モロカイ島へ行ってみて、よりハワイを知ることが出来て、今回の旅は趣深いものとなりました。
b0272040_17510450.jpg
ステンドグラスの下にも在りますが・・・
壁に張られている小さなステンドグラスの中にも在るんです。
b0272040_17511537.jpg
見つけましたw
もし興味があれば、是非、探してみて下さい。
これにてダミアン神父を訪ねる旅は終了です。

b0272040_17524756.jpg
なるw
チーパラで朝食という選択肢もあるのね。 場所も良く朝から混雑していました。
次回はもっとワイキキを攻めたいと考えているので、朝食からワイキキで何度か楽しみたいと考えています。
義経とか…行っちゃいそうな気がするけれどw いやいやいや!! 折角ならハワイを楽しまなくちゃですかね~^^;
b0272040_17534444.jpg
正面にアコモ。
さ。 日本へ帰ろう。
レンタカーで空港を目指します。

H1は利用せず、ニミッツ経由を選択。
これには寄り道が含まれているからなんです。
まず1つめ。
b0272040_17535948.jpg
サウスベレタニアを走っていると、左手に見える市庁舎です。
今回の旅でも、ザ・バスで何度も通過した場所です。
ここにダミアン神父の銅像があるので立ち寄りました。
b0272040_17540794.jpg
でも出来栄えは…イマイチすぎ><
ああんもう! 最後の最後で~~~!!! ぬっはははwww

さてさて。
まだまだあがくよ~。もう一丁寄り道♪♪
b0272040_17543797.jpg
ここね。
な~んも無いカリヒの一角ッスw
とはいえ。
b0272040_17544658.jpg
ここ。
ニッショウドーです。
女子的な雑誌で紹介されていたけど、ここに来るにはかなりのハードルがある気が…。
チャーターとかツアーで来るのかしら?
若干、見つけるのに手間取る場所で、パッとみ、分からないんですよね。
b0272040_17545536.jpg
なんの変哲も無い店ですが、ここのチチダンゴを雑誌で紹介していました。
日持ちがあまりしないですが、この後に日本へ移動するのでお土産に購入しました。(あ、写真撮り忘れたwww)
ここで購入していると、日本人の女性が来店。
「どうやって来たのか?」質問されたけど、逆に同じ質問を返しました。
在住者の友人に連れてきたもらった、との回答でした~^^ そういう友達、くださいwww
b0272040_17562907.jpg
レンタカーを返却して空港に到着。
いつもそうだけど、ここに来たならば早く日本に帰ろうとスイッチが切り替ります。
ばいばいハワイ。
b0272040_17563631.jpg
前回はケータイを日本に持ち帰ってしまった反省から、今回は慎重に返却。
日本に持ち帰っても、まぁそんなに問題無かったけれどね。(なは♪)
さて。
出発には2時間を切っていますが、空港に来たならさ~~~。
飲むしかないじゃんw
ここで最後の買い物している人が居たりしますが、それも分からないでも無いです。
でもさ~、それ悪あがきよw 呑んで時間を流そうぜ~♪(呑兵衛の言い訳ッスw 買い物派の方々、失礼w)
b0272040_17570738.jpg
ぬん♪
b0272040_17571593.jpg
ぬぬん♪

いいよね~コナブリュ。
呑兵衛は決してフードコートに流れてはなりません。ここに来るんです`皿´ゞビシッ
b0272040_18050036.jpg
後は飛行機でひたすら飲んで映画みてぐでぐで~ってするだけなんだからね。
ぐでぐでをここからスタートしなくちゃ。
日本でも飲めるけど、やっぱロングボードだよね~。
b0272040_18041546.jpg
そそ。
今回の旅用に新しく買ったのが、かな用の時計。
日本で購入したのだけれど、見た瞬間に惚れた~~~~♪♪♪ ハワイ感満載でした。
コレね↓
b0272040_18043414.jpg
良いでしょw
ハワイでしょw
テンション、あがるでしょ~~~^^
b0272040_18051272.jpg
ハワイで頼んではいけないナチョス(量が多いから)を、最後に注文。
これだけでビール2杯イタダキます。

最終のハワイ。
過ごし方はそれぞれ。
先ほど触れたように、買い物をして時間を流すのも良い。
このビアレストランに来たとて…。
b0272040_17572477.jpg
こんな風にトランプをして、時間を流す人たちも居ます。
人それぞれ。
そんな中に混ざり、我々もまた、我々の最後を過ごしました。

あ~楽しかったな、ハワイ

b0272040_18061387.jpg
帰りの機材へ向かいます。
2年ぶりのハワイ。私たちなりに十分に楽しむことが出来たと思います。
もちろん、やりたいことを全てかなえた訳では無いけれど、メ一杯、出来ることはやってきたかな。
b0272040_18062645.jpg
あ。
お義父さんが最後に帽子を買った店だw
懐かしくなり、ちょっと寄り道しちゃった。 もう、3年も前の出来事なんだ~と、少し寂しい気持ちになりました。
また、お義父さんとハワイ、来たいな~。
しんみり。 なははwww
b0272040_18063113.jpg
b0272040_18063619.jpg
b0272040_18064595.jpg
さ。帰ります。
前回のハワイはトランジットだったけど、今回はナリタ直通で。
もうスイッチが切り替り、名残惜しさは無く…。
後は呑んで映画観るだけだから~。堪んないね~楽だね~wwwww
b0272040_18070281.jpg
画面デカイし。
b0272040_18072320.jpg
ジントニックは常備だし。
帰りは、ちはやふる(上・下)などなど、楽しませて頂きました~。
行きは映画は観ず、ひたすら寝るけど、帰りは解禁なんです^^♪
b0272040_18080717.jpg
b0272040_18081774.jpg
右下に小さな島が。
いいね~、そこは楽園ですか?


楽園と言われるハワイ。
そのハワイ。
もう一度、帰りの便の中で自分に問いかけてみました。

ハワイの魅力は何だったのですか?

うーん。
やはり一言では語れません。
ハワイ島へ移動し、ボルケーノの勢いに驚かされ、マクウファーマーズマーケットのような緩い時間も良かった。
モロカイ島ではもっとゆるく、これが本当のハワイなのだと実感できた時間でした。
もちろんオアフ島は定番だけれど、絶えず変化していて刺激的。 どこも魅力的で何を削ることも私には出来ません。

そして私は毎回、テーマを持ってハワイ入りしますが、そんなことをしなくとも十分に魅力溢れる島々ですよね。
それを一言で表せるなら、それは「これ」という定番を持っている人なのかな、と思います。
私は…私は欲張りだから。
隅々まで楽しみたいんです。きっと。でもそれはきっとこれで終わり、というポイントが無い。
それに私は住まいも、国籍さえも変えて来たのですから、ひとつに落ち着くような人生では無いのかも知れません。
旅のスタイルさえ、日常の延長だとするならやはり同じで、留まりたくないのだと思います。
でも「ハワイ」という枠の中で、いったいいつまでこのような旅を続けられるか分かりません。
分かりませんけれど、好きになったなら一途に。情熱的に。これからも、ハワイを旅してゆくことだろうと感じています。

ジントニックの氷をカラカラと廻しながら、少し恋愛に似た熱を感じる時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうハワイ。 大好きだよ。
また訪れよう。新しい景色、出会い、知らなかった何か。待っててね。


これで2016年、ハワイ旅の日記を閉じます。
読んで頂いた皆様、ありがとうございました。

マハロ。

[PR]
# by eshani_silver7 | 2017-06-27 22:22 | 2016オアフ島旅行記 | Comments(13)
b0272040_20073723.jpg
カエナポイントからの帰り道。
反対車線は事故渋滞中。帰宅時間にも重なってか、渋滞は長く続いていました。
旅の途中、こういった時間のロスはもったいないものの、巻き込まれたら巻き込まれたで、それもまた旅の思い出なんですよね^^♪
個人的にはマウイ島、ハナハイウェイでの工事渋滞が思い出されます。
みな渋滞でイライラしてるのかと思いきや、ルーフトップから体を出して踊り始めたり、渋滞の時間さえ楽しんでいた人々を懐かしく思い出しました。
b0272040_20075277.jpg
ハイウェイまで戻ると、鉄道建設の場所を通過。
資金難から捗っていないようですが、これがアラモアナまで来ないことには収入に大きな差が出ますので、頑張らねばなりません。
本筋は渋滞解消とか、カポレイ方面に居住を移して貰う施策のようですが、是非とも観光客をも目当てとした魅力ある鉄道にして欲しいです。
特に私たち個人手配の面子は、空港⇔ワイキキ間の交通費は侮れません。
私がハワイにハマり始めた頃は、片道9ドルの大型バスでそれは助かっていたのですがね。(もっと昔はもっと安かったでしょうが)
とすると…やはりアラモアナまでだとダメなのですがね。


さてさて時間は夕方。一旦アコモへ戻り、クルマを置いてディナーへとむかってもいい時間です。
でもH1を下車して、そのままクルマをモイリイリへと走らせます。
目的地は…。
b0272040_20101389.jpg
ダウントゥアースです。
上に駐車場があるので、そこにクルマを停めます。

b0272040_20112565.jpg
オーガニックを扱うスーパーで、デリコーナーも充実しています。
これ…来年(2017年)のハワイで地味に利用する予定です。 もちろん、部屋飲みするためでは無いのですよんw
今から行くのが楽しみ~♪♪
b0272040_20102321.jpg
でも実はコスメ系も充実したスーパーなんです。
かなは極端な乾燥肌で、つい掻いてしまい、そこがカブれてしまうので保湿クリームを探しにきました。
今回は…。
b0272040_20113674.jpg
これを2つ購入。(右側のココナツの)
でもねこれ、クリームかと思いきやカッチカチに固まっていて、利用時に電子レンジで戻す必要がありました。
効果はありそうなんだけど、その手間が面倒であることと、ココナツの匂いがかなには合わず、我が家に大量に残っておりますw
今年は最初からクリーム状な事と、匂いを確かめてリトライしたいと思っています。

さて寄り道を終了し、一旦アコモへ戻り着替えます。
b0272040_20115374.jpg
アコモの1階にあるハイズ。
うーん、いつか…いつか行ってみたいです!
「ライブラリー」と呼ばれる重厚感溢れる内装に、キチンとした正装で臨みたいと思っています。
今は荷物少な目な旅スタイルだけれど、いつかハレクラニなんかに泊まって、ここやラ・メールで優雅な時間を過ごしたいなぁ~。


さ。
今日は2016年9月2日(金)です。
日本では月の最終金曜日をがプレミヤムフライデーと称していますが、ハワイでは月始めの金曜日を「ファースト・フライデー」といい、盛り上げている場所があります。
場所はダウンタウンです。
ですが…なのですが。。。
以前は、ホテルストリートを閉鎖した盛大なブロックパーティだったのです。
でも昨年(2015年)秋から、ホテルストリートの閉鎖は終了してしまいました。
ファーストフライデーは、確実に縮小傾向に進んでいます。
当然、通りをクローズしない訳ですから、セキュリティー面(以前は、警官がちゃんと居ました)でも心配が出てきます。
なにせ場所は夜のダウンタウンですからね。。。
b0272040_20133400.jpg
とはいえ、逆に現状はどうなのか気になるため、行ってみることにしました。
だって、夜のダウンタウンと言えば、私がハワイで楽しみにしているドラゴン・アップステアーズが在りますからね。
そこはJazzバーなのですが、赤の世界観…音、ざわめきと喧騒、異様な雰囲気、濃いめのお酒…全てが私の琴線に触れ、ここを訪れ時間を流すことが私の中では堪らないひとときなんです。
b0272040_20134604.jpg
バスは通勤客や学生も交じり、超混雑していました。
逆に観光客っぽい人は見かけない感じ…いつもバスで行くのですが、いつものファーストフライデーへ向かう客層が少し違いますね。
でもいい。 
最初から下火になっていることは分かっていて、それでも行くんですからね。
b0272040_20150895.jpg
黄昏どきが少しばかり過ぎ、夜のネオンがぽつりぽつりと灯り始める時間。 私にとって堪らない時間帯です。
そんな時間にダウンタウンに着きました。
とりあえず、ホテルストリートを目指します。
b0272040_20193509.jpg
人通りはまばら…。
千と千尋の神隠し、では無いですが、暗くなる前にダウンタウンは立ち去るべきです。
浮浪者が徘徊を始めますし、良い事はありませんからね。
(って、暗くなってから来ている私に説得力はありませんけれどね^^;)
ここから西へ進み…。
b0272040_20194893.jpg
ベゼル・ストリートへ入ります。 ファーストフライデーならば、ここが中心地でしょう。
そして、ここはもちろん。。。
b0272040_20195683.jpg
夜のハワイシアターがあります。早速のご挨拶です。
いつもなら、ベゼルに来れば喧騒が広がりひと安心しますが…。
b0272040_09073153.jpg
ごらんのとおり、だれ~も居ません。(いや少しは居るけどw)
ちょっと緊張が走ります。
本当に盛り上がっておらず、少し以前の危険な匂いを感じずには居られません。。。 マジか。。。
確かに歩いている人は少ない。 でもね。
b0272040_20200765.jpg
本来、ファーストフライデーとはアートフェス。
ギャラリーを無料開放して、楽しむことが本当の目的なんです。
ギャラリーはご覧のとおりな活況ぶりです。
ギャラリーと言えば、ヌアヌaveにあるペギーホッパーあたりなんか、きっと盛り上がっているでしょうね。
興味がある人があれば、目指すべきギャラリーだと思います。

でも『おこぼれ』にあずかる人間としては、このファーストフライデーはダウンタウンで飲む日なんです。
しかも一介の観光客としては”比較的安全”に呑めるからこそ、来ているのですがね^^;
個人的感覚で言えば、安全な感覚がありませんでした。
b0272040_20203307.jpg
あれだけ盛り上がっていたバンブー2は、とうに閉店しているし…。
ソウルデキューバカフェ、ブラッセリーデュバンなど、このベゼルstだけを例に挙げても随分と閉店しました。
どうした!ダウンタン!!
と、声を大きく言いたいです。 も1回、盛り上がりを復活して見せて欲しいです。
b0272040_20204769.jpg
b0272040_20211585.jpg
さてどうしたものか…。
一応ね、行く店のアテはあるんです。 ここに行けば盛り上がっているんじゃないだろうか、的な。ね。
2年前に訪れたBAR35は間違いないでしょう。
b0272040_20211962.jpg
入口でさえ、少し人だかりがあります。
ここは良い店です。 なによりビールを主体としているところが、私たちにマッチしていて気に入りました。
また、夜にダウンタウンを訪れる機会があるならば、また来ると思います。
そして今夜は。。。
b0272040_20212805.jpg
そのBAR35のとなり。
カンバンはありませんが、この階段を上がっていきます。 ちょっと怪しい感がありますが、そこはご安心を。
b0272040_20214972.jpg
2階はバーです。
室内は広いです。カウンターで座る席や立ち飲みしている人が多いけど。
ここは『The Tchin Tchin! Bar』といいます。
んん~~、日本語で雑に名前を言うと、、、チンチンバーですかね^^;
名前はともかく、盛り上がっていることには間違いありません。
b0272040_20382259.jpg
こんな感じで席もあります。
ちょっとカメラが夜に弱いタイプなので綺麗に撮れないですねw
それくらい、ちょっとここは薄暗いです。 でもね、そうこなくちゃなんです。
だってバーって、明るいとシラケるでしょう? なはw
あとなんか・・・この店、やたら女子率が高いwww なんだろうねぇ。
b0272040_20234728.jpg
階段を登り右へ。
カウンターを通過して…
b0272040_20215656.jpg
テラス席へ出ます。
こちらも満席気味ですが、丁度片付けをしている席が1つあったので、店員に確認して着席することが出来ました。らっきー♪
b0272040_20240126.jpg
特に音楽がかかっている訳でもなく、テラスから素敵な景色が見える訳でも無いですが、ファーストフライデーが盛り上がっていて救われました。
この店、活気があって良いです。 訪れる人はロコが多かったですね。
b0272040_20375302.jpg
一番奥にはソファー席があったりして、洒落いています。
でも途中、雨が降りてきて、ちょっとかわいそうでした^^;
さてさて。
b0272040_20254850.jpg
とりま、飲みます。
まわりがワイワイしていて、この雑多な喧騒をツマミにして早速始めます。
いいね、いいね~。 こういう盛り上がりは大好き。
適当に本当のツマミも注文。
b0272040_20355057.jpg
b0272040_20355693.jpg
このチーズ盛り合わせと…(なにげ、ウマかったです^^♪)
b0272040_21310574.jpg
b0272040_20365888.jpg
こんな感じ。
値段は普通だね。リーズナブルに近い感じだけど、やっぱアラモアナ近辺のダイナーには及ばないね。
しかし頼んだものがこの2品でお腹一杯になる呑兵衛2名…あと1品くらい頼まなくっちゃ!って思いますね。
b0272040_20373241.jpg
こんな感じで、皆さんカウンターにたむろします。
ぶっちゃけこういう飲み方、私は好きです。 六本木あたりに行けば、こんな感じだしw
なんか逆に落ち着くんですよね。 関係無い事だけど、ニューカヤバとか行ってみたいな~。近所の居酒屋ッスwww
b0272040_20375762.jpg
飲んでいると、隣に学生?の集団が入ってきました。
とても大人数なので、私たちの席は4席あるので2席譲ってあげました^^
飲み会の場なのに真面目に討論を始めていて、お国柄を感じました。 
そういった事にも、耳を傾けている時間もまた、旅の時間で楽しい。(あ、私は英語分かりませんけどwww)
b0272040_20382909.jpg
さて。
一次会終了です。さて私のファーストフライデーはここからが本番です。
ダウンタウンに来た目的は、二次会にある』と言っても過言ではありません。
私の目的地はヌアヌaveにあります。
b0272040_20390363.jpg
あら~?
なんか今年からシートチャージがあるようで、入口で1人5ドル取られましたT△T
まぁ…仕方無いですね。逆に今まで無かったことが不思議なくらいです。
b0272040_20474801.jpg
こんな感じでスタンプ押されます。
再入場の際に見せるんだろうけど…1回出たら、もう終了でございます。きっと酔っぱらっていますからねぇw

さ。始まりまっせ♪
b0272040_20454366.jpg
b0272040_20453789.jpg
アップステアにはドラゴンがお出迎え。
そして赤の世界へ・・・。
b0272040_20410839.jpg
ようこそ、ドラゴンアップステアーズへ。
さて今夜の組み合わせ、いつものサックスとドラムはデフォルトで、ここにギターとピアノを加えたユニットです。
サックスとドラムは「いつもの人たち」で、すっかり顔を覚えました。
時間によりコントラバスやトランペットが加わったりして、ユニットが変化していき、音もざわめきを増していくのです。
b0272040_20412830.jpg
ホノルルでJazzに耳を傾けるこの時間・・・。
この時間のために1年間頑張って来たのだと言っても過言ではありません。
b0272040_20435639.jpg
そして、こういう店に来たならば、私は決まってジン・トニックかモヒートを注文。
少し濃いめの酒を片手に、そして静かに目をステージに置き、耳に神経を預け、ココロオドル時間を流しにかかるのです。
しかし…。
かながそれにカットインしてきます^^;
かなはおしゃべりが大好き。 なので日本でJazzバーへ行くことが無いのです。
でも滅入ることなく、気持ちは楽しい。
かなとも会話を始めつつ、この何とも言えない至福のひとときを楽しんで進めて行きます。
b0272040_20451074.jpg
席はカウンターでもいいよね。
少し早い時間に来たので、まだ席は空いていますが、10時を過ぎる頃には立ち見となっていきます。
みんな、二次会、三次会で訪れる雰囲気の店ですからね。
b0272040_20444566.jpg
ここはフードの提供が無いのですが、去年訪れたときにフードメニューがあり食事をしながら楽しむことが出来るようになっていました。
しかし今年(2016年)は、再びフードメニューが無くなっていました。経営上の都合でしょうかね。ポップコーンのみです。
まぁ、二次会ですからフードが無くても問題ありません。
音楽を純粋に楽しみたいんです。 ふんふんふん♪
b0272040_20453170.jpg
今回は長居しました。
気が付くと演奏が一旦お休みとなり、演奏者は近くの知り合いの席へ移り飲み始めました。
席も埋まったし、今回のファーストフライデーは安心して楽しむことが難しそうなので、そろそろ退散することとします。

一言だけ。
それでもファーストフライデーは満喫出来たし、楽しかったです。

では来年また来るか?

そう聞かれると難しく、安全面が配慮されないと、私たちのような日本人の旅行者にはハードルが高いです。
いや特に何かされた訳でも無く、嫌な思いもしていません。
していませんけど、何かあった後では遅い場所ですからね。ここはアメリカですもの。
おいそれと、安全圏の外を旅できるほど慣れた者では無いのです。 なははw 来年は難しいなー。

b0272040_20461810.jpg
店を出てヌアヌaveに出ると、やはりこの店を目当てにしてきた人たちが待っていました。
席をひとつ空けたので、楽しんでくださいね~ ^^ノシ
そのまま南下して…
b0272040_20471829.jpg
サウスキングstへ入り、いつものバス停を目指します。
そういえばこのキングst。
ヌアヌaveに来るまでの西側の時はノースキングstと呼ばれ、ヌアヌaveを通過し東側へ行く時はサウスキングstと名前を変化させます。
同じように一方通行の反対側、北を走るベレタニアstもこのヌアヌaveを境にノース・サウスの変化があります。
旅行者からすれば、ノースサウスなんて付けず名前を変えないで欲しいですけれどねw
b0272040_20472383.jpg
連結バスである42番が来ました。 これでワイキキまで帰ります。
こんな時間でも自転車載せてるねぇw
b0272040_20480251.jpg
酔ったカラダをキンキンに冷えた車内で冷やしつつ、バスはワイキキを目指して走ります。
バスは遅い時間なのに混雑しています。
みな、どこへいくのだろう…。金曜の夜だけど、浮かれた雰囲気なのは私たちだけで、みな黙々と淡々と移動しているような雰囲気でした。
b0272040_20482445.jpg
クヒオ通りのいつものバス停で下車。
今日はハワイ最後の夜だけど、この時間からカラカウア通りへ行っても…なので、かなとふたり部屋呑み三次会をすることにしました。
今回はワイキキでは全然楽しまなかったことが心残りで、是非来年(2017年)はワイキキで飲んだり、夜にDFS行ったりと楽しみたいです。
b0272040_20483112.jpg
私たちのアコモ、ワイキキパークハイツへ戻ってきました。
ここ、地味に気に入りました。
一番の魅力はバス・トイレが別で、バスが洗い場と浴槽が分かれているため、純粋にお風呂を楽しめる点です。
でも、部屋によっては改装してシャワールームにしている処もあるので、全部がそうでは無いため、部屋は写真を確認して吟味する必要があります。
b0272040_20483959.jpg
1階のロビー。
かながトイレに行くというのでボー…っと待っていました。
こんなスペースがあるのも、このアコモの魅力でもあります。ここ住みたいなーと思えるアコモでした。
b0272040_20495432.jpg
ワイキキの景色を肴にして…。
b0272040_20492695.jpg
かなと三次会を開催しました^^
明日はハワイを離れ、日本へ帰国です。

今日もメ一杯楽しみました~♪
ありがとう、ハワイ




[PR]
# by eshani_silver7 | 2017-06-10 15:43 | 2016オアフ島旅行記 | Comments(10)
b0272040_08590660.jpg
朝、目が覚めてラナイに出ると、クヒオ通りのいつも利用するバス停にバスが停車。
かすかにピーピーピーピーという、バスが乗客のためにバスを傾ける際に出す音が聞こえ、それだけでもう「あぁ…ハワイの朝だ」と感動する次第です。
鳥のさえずりでさえ、日本では、特に街中では聞いたことの無い音色が聴こえてきますが、これもまたハワイなんです。
ゴミの集配車のピーッ・ピーッ、バスやトラックが黒鉛をあげてブオォーッ!と出力を上げる音、何もかもがごちそうさまです^^♪

おはようございます、ハワイ。
b0272040_08591508.jpg
ふと目を目の前にやると、そこにはワイキキホテル群の隙間からクヒオビーチが穏やかな顔を見せています。
ちらほらと人も集まり、今日もまた賑やかなワイキキの一日が始まりそうな予感を与えてくれます。
わくわく…どきどき…。。。
さぁ今日も一日、メ一杯遊ばせて貰いますネ♪
b0272040_08593190.jpg
今日は2016年9月2日(金)です。
台風は明日やってくる模様ですが、今日一日はお天気、何とかもちそうです。
今日は今までずっと避けていた、カエナ・ポイントへ行くことにしています。
何故避けていたのかは後ほど。

さ。
まずは朝食を頂きに出掛けます。
b0272040_08595288.jpg
まずは先ほどコンドから眺めた、いつものバス停「Kuhio Ave + Kaiulani Ave」へ。
バス寄せがあり、屋根付き待合い席もあるので利用客が多い停留所なのだと思います。
まずここから、朝食を食べにダウンタウンを目指します。
b0272040_09000845.jpg
42番が来ました。連結の大型バスです。
キャリアが空いていますが、今日は自転車がありません^^;
b0272040_09011906.jpg
バスの車窓から何気ない街並みをパチリ☆
旅の終わりが近いので、後で見るとヘンな写真が増えてきますw
何だか沢山撮りためて行きたくなるんですよ~。なははw
b0272040_09012426.jpg
ダウンタウン到着!
ザ・バス42番は、ダウンタウン中心を通らず、北側のノースベレタニアstを通るため大型のコンドが沢山そびえております。
でも北側を通るバスを選択した理由は、朝食の店が北側にあるからなんです。
それがここ。
b0272040_09014567.jpg
b0272040_09015183.jpg
メイサムをチョイス。
朝から中華? なんて思うかも知れませんが、在住者ブログでここの海鮮粥が紹介されていて、それ見てたらもう食べたいッ!となっちゃうんですよ~。
お粥さんならば、朝にうってつけですからね♪
b0272040_09022922.jpg
広い店内ですが、我々を含み3組だけ。
時間は朝9時をとうに過ぎており、今日は金曜ですから仕事へ行く方は既に始業していますよね。
朝から何か優雅な時間を過ごすことが出来ます^^
b0272040_09040585.jpg
さすがに珈琲は無いので、今日はお茶でスタートです。
いまいちスイッチが入りませんが、今日は午前中のんびりと過ごす予定ですので良いかも知れません。
お茶は落ち着きますね。ホッとします。

さて店名は正式に「メイサム・ディムサム」と言いますが、ディムサムとは飲茶です。
それならば、海鮮粥が出来るまで飲茶を楽しみましょう。(といいつつ少な目にw)
b0272040_09024475.jpg
海老、それと韮をチョイス。
こういうアッサリ系ならば、ぱくぱく入っちゃいます。
もちろん海老は定番で間違いないですが、個人的には韮の方が好みかな。美味しかったです。
して…。
b0272040_09030465.jpg
海鮮粥。それとエッグタルト。
ふたりで分けて食しましたが…、、、
b0272040_09031976.jpg
美味しすぎて、あっという間に完食♪
海鮮の独特な塩見が、あっさり過ぎず濃すぎず、絶妙な味付けですごく美味しかったです!
そしてきざみ生姜がアクセントになっていて、これがまた美味を格上げしてくれています。
2人で1皿にしましたが、ひとり1つあってもイケますね! 
朝食にぴったりで、胃もたれした朝とか是非お勧めしたい1品です。
エッグタルトは中身がプリン状態で、あっさりとしているので食後のデザートにもってこいでした^^♪
これだけ食べて、チップ抜き$17ちょっとです。 胃にもお財布にも優しい朝でした。
正直、もう少し食べれたと後悔><; 次回はもう2品くらい頼もう!
b0272040_09045527.jpg
食後はカエナポイントを目指します。
40番に乗りますが、ザ・バスでカエナポイントまでは行けません。
途中、空港近くでレンタカーを借ります。日本から予約済。
いつもの手段ですが、帰国日はレンタカーで空港に行くので、前日に空港で借りるのです。
理由は単純で、ワイキキで借りた場合、借りた営業所(ワイキキ)と返す営業所(空港)が違うため、別途料金が発生するのです。
それが嫌なのと、レンタカーを受け取りに行く道中、バス旅で途中下車してメシ旅を楽しめるのも、醍醐味で楽しいんです。
b0272040_09051021.jpg
バスに乗った直後、カリヒでスコールに遭遇。
いいタイミングでバスに乗れた~^^♪ 
バスからみるスコールは、何か落ち着きを取り戻させてくれるみたいで、うまく表現出来ませんが好きな時間です。
バスのフロントガラスをワイパーがかく姿を、ただただ『ぼぅ…』と眺め、かいた後の広いフロントから見えるディリンガムblvdの街並みを、またぼぅ…と眺める。
何でもないひとときだけれど、とても贅沢な時間です。心に落ち着きをもたらしてくれます。
そこで旅の感覚を噛みしめて、これから訪れる先々の景色を想像して、ワクワクを復活させていく…やっぱバス旅っていいものだね!
そうしているとバスは、足早にカリヒを通過して行きます。

ノース・ニミッツhwyに合流し、さて降りる予定の「Nimitz Hwy + Opp Ohohia St」が電光掲示板に現れたので紐を引っ張り「ストップ・リクエステッド」。
しかぁし!!
バスはバス停を通過して行きました…。
b0272040_09052082.jpg
次のバス停で下車><;
実は、電光掲示板に表示された時点でバス停はすぐそこでした。
バスは結構なスピード(誰も降りる訳は無いとドライバーは思いつつ)で走っていたため、ブレーキをかける素振りも無くバス停を通過していきましたw
40番はこの後、パールシティ・ワイパフ・コオリナを抜け、マカハまで行くロングルートなバスですから、先を急ぐだろうし、知っている人(在住者)ならば、だいぶ前に紐を引いているだろうからね。
仕方なく歩いて戻ります。
b0272040_08111584.jpg
本当ならばバス停からすぐだった筈のレンタカー会社前まで戻ってきました。
思わぬ時間のロスをしましたが、救いだったのが日蔭を歩けたことです。
今日は日差しが燦々で暑い日になりそう^^;
b0272040_09060723.jpg
アラモに到着。
時間は午前中のいい時間ですから、日本からの到着便とも重なり混雑していました。
とはいえ、アラモに日本人は1組も居ませんでしたけどw
b0272040_09062470.jpg
だけど日本人に手厚い。 これがハワイ。
「日本語でどうぞ」だと、確実にここに行きたいです。
保険とか、ガソリンの返却は満タンなのかなど、細かい話は日本語でいろいろ聞きたいところですからねぇ。
b0272040_09075201.jpg
クルマはこれ。
アラモは清掃が行き届いていて良かったです。
前回利用したエイビスも良かったし…やっぱ○ラーは、良くないことが多い。(それでも利用しちゃうんだけどw)
マルチアイランドプランとか、マイルが溜まるとか特典は多いんだけどね。
しゅっぱ~つします^^;
b0272040_09082202.jpg
目的地は遠く、オアフ島の最西端であるカエナ・ポイントです。
なのでまずはサクッとH1に乗り込み、終点まで快適にドライブを開始します。
急いでいるけれどトバさず、流れに乗るスピードで西へ西へ進捗して行きます。
b0272040_09084690.jpg
H1を降りてからも、結構な時間をドライブに費やします。
やがてリーワードへ進入して行きますが、気負わず、周りの景色を楽しみつつ進めます。
ちなみにリーワードとは、風下の場所を指します。
ハワイはトレードウィンド(貿易風)に支配された島ですから、常に北東から赤道にむかって風が吹いています。
なので、北東にあるカイルアやカネオヘを風上の場所を示すウィンドワードといい、対岸となるマカハやワイアナエをリーワーと言うのです。

しかしながら…やはりマカハとか、ワイアナエと聞くですね…あまり良いイメージが無いんです。
ハワイは楽園だけど、ここは少し闇を含んでいます。
例えばハワイ州が全米一識字率が低いのは、貧困層の子供たちが十分な教育を受けられていないからです。まさにこの辺りの子供たちなのです。
海岸線にキャンプをしているかのようにテントが沢山並んでいる場所がありますが、そこは家が持てずそこで暮らしている人たちが居るのです。
そんな環境で育った子供達は教育をまともに受けられず、大きくなっても良い仕事に就けなく、まさに負のスパイラルとなって行きます…。

そんな子供達を救おうと、活動していた方がいます。
その方は女性です。
名前はクム・プア・カメ・アロハ(Kumu Pua Kame Aloha)さんと言います。
今でも変わりなく活動しているのかな?
貧しい子供達が勉強出来るよう、「希望の家」という学校を創る活動をしていた方です。
そして、まさに私が「もっとハワイを知りたい」と思ったキッカケとなった人であり、番組(アロハガール)で取り上げていたのでした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/alohagirl/alohagirltrip09.html

ちなみに何年前の番組か忘れました。 確か、カイムキにタウンがオープンした年だったかと。
彼女に会いたいと思っています。いつかきっとね。


さて。
時刻は11時半を過ぎました。
これからトレイルして戻ってくると何時になるか分かりません。
少しお腹も空いてきたので、ランチをしてからカエナポイントへトライすることにしました。
b0272040_09090136.jpg
ランチはここ。
この地区ならば絶対外せないハンナラレストランです。
ハンナラレストランは、とある番組で紹介していたのですが、その番組内でクム・プア・カメ・アロハさんがハンナラレストランで食事しながら、レストランを紹介してくれていたのです。
もしかしたら偶然会えないかな? なんて淡い期待もありましたが、そんな偶然はありませんでした^^;
b0272040_09091500.jpg
お昼前だったので席はあったけど、我々で丁度満席になりました。
もの凄く人気のレストランです。
今日は金曜日だけど、家族連れが多いことに驚きました。活気があり賑やかなものです。
b0272040_09092805.jpg
とりあえず、ワヒアワのドッツに続き、ここでもグレービーソースたっぷりな、ハンバーガーステーキをオーダー。
それほどしつこくなく、これは美味しかったです。
b0272040_09093777.jpg
かなはハワイアンプレート。
かなはラウラウが好きなのと、プレートに沢山の品が載っているものが好きなので、こういったメニューがあるとつい頼んでしまうようです。
しかしボリューミーでリーズナブル。あと美味しい!
ハンナラでエレルギーチャージを済ませ、さて旅を続けていくことにします。
b0272040_09094425.jpg
ハンナラのトイレ。
「男」と書いてありますね^^;
いや日本人観光客はこないでしょう?とは思いつつも、ここはイルカウォッチングのツアーがくる街でもあるので、もしかしたら来るのかな?
ハワイで出会うスピナードルフィンは、小振りながらその名のとおりクルクルと横回転を魅せてくれるので、もし遭遇して一緒に泳げたら楽しいのでしょうね♡
b0272040_09101630.jpg
クルマでリーワードの海岸線を走らせます。
途中で見える景色は、意外にも穏やかなものでした。
とはいえ、このあたりでウロウロと歩けるものではありませんけれどね^^;

ところでカエナ・ポイントへ行く場合、アクセスルートが2つあります。
①マクア・セクション
 今回のルートです。、南ルートであるヨコハマベイからのアクセスします。
②モクレイア・セクション
 北ルート、ノース…モクレイアを抜けてアクセスするルートです。

安全面を考慮するならば、北ルートのモクレイア・セクションをお勧めします。
でも。
南ルートを今回選択したのには、ちゃんとした理由が存在するのです。
b0272040_09103453.jpg
その解がここです。

b0272040_09104149.jpg
カネアナ洞窟です。
カエナ・ポイントへ向かう場合、洞窟は見えないので進行方向の左側にこの石碑があるので、ここにクルマを停めます。
b0272040_09105015.jpg
振り返るとポッカリとした穴があります。
ここがカネアナ洞窟となります。
このカネアナ洞窟を検索すると、サメの神「ナナウエ」の話が沢山ヒットします。
ナナウエの住居だったため、人々の立ち入りはカプ(タブー)だったとね。
また大地の子宮とも呼ばれ、信仰の対象となっていたことも付け加える必要がありそうです。
b0272040_09111511.jpg
さて。
もうひとつ、この洞窟には語り継がれていることがります。
それがカエナ・ポイントと繋がりがある話なので、まずはカエナ・ポイントを訪れる前に、是非ともこのカネアナ洞窟に立ち寄る必要があったのです。
礼をもって中へ入ります。
b0272040_09114578.jpg
古代ハワイアンは、人が亡くなるとすぐにその魂は黄泉の世界へ旅立つのではなく、しばらくは現世に留まっていると考えられていました。
私もその考えに賛同なのです。
旅立つ前に、最愛の人、お世話になった人、沢山の方々へ別れの挨拶をしてからにしたいからです。

そして暦で定められた日の夜、旅立ちの時間になると…霊はここに集まるのです。
そして、このカネアナ洞窟に入り、その先にあるカエナポイントまで死者の行進を始めて行きます。
興味深いのは、ここは大地の子宮と呼ばれていながら、死者の旅立ちの場所だということです。
人は大地から産まれ、そして大地へと帰るからなのでしょうか。産まれる場所も死者となり帰る場所も同じということなのでしょうか。
霊がカエナポイントにたどり着くと、レイナ・ア・カ・ウハネと言う岩の上から黄泉の国へ旅立って行くのです。
カネアナ洞窟、そしてカエナポイントとはそういう場所なのです。
私が今まで、このトレイルポイントへ訪れることを躊躇っていた理由でもあります。

ここを訪れたブロガーが「あまり奥へは入らず引き返すことにした」と言っているのは、ある意味正しく、直感的にそう感じるのだと思います。
何故ならば、この先は死後の世界であり、呼ばれてもいない者が行くことは無いのですからね。
b0272040_09124655.jpg
さ。現世の旅の続きと参りましょう♪
この世には、まだまだ私の想像だにしない驚きと感動が沢山ある筈です。
それを沢山見つけに、これからも旅を続けて行きたいと改めて思いました。
生きている事に感謝。だからただ生きるだけではなく、活きる人生を進んで行きたいといつも思っています。
そういえば、明石家さんまさんが言っていましたよね。
生きてるだけで丸儲け♪とね。 本当にそう思います。
命があることに感謝し、平和を願い、日々の生活を大切に過ごして行きたいです。
カネアナ洞窟を訪れてみて、改めて自分の考え方を振り返ることができ、本当に良かったです。

b0272040_09130840.jpg
マクア・セクションへ到着しました。
場所柄、車上荒らしが多いので、クルマは目立つ場所に停めることが必須です。
ですが…。
b0272040_09134398.jpg
予想外に人気トレイルポイントでクルマが沢山来ていました。
実際、すれ違うトレイラーは本当に沢山居て、黄泉の世界とはかけ離れ、太陽燦々な明るいトレイルとなります。
b0272040_09135267.jpg
写真のように子連れでトレイルを楽しむ方も多いです。
ですがひとつ、最初に忠告をしておきます。
このトレイル、日蔭がほとんどありません。日焼け対策と水を多めに用意しましょう。
b0272040_09141189.jpg
さてトレイル開始です。
全般的になだらかなコースレイアウトで、歩きやすいです。
b0272040_09141932.jpg
お父さんって…大変だよね。
景色を長めつつ、ゆっくりと片道40~50分くらいなので、子供は疲れてしまうかも知れません。
b0272040_09143780.jpg
カヌーを楽しむ人もいたりと、のんびりとした雰囲気です。
ちょっと構えてきたのですが、本当にのんびりとしたトレイルで楽しめます。
b0272040_09150327.jpg
かなは日焼け対策で、早速ハワイ島ヒロで買ったランニング用のキャップを装着しています。
ご機嫌ですなぁ^^
b0272040_09152189.jpg
そういえばその昔、ここに鉄道を通していた時代がありました。
いま考えるとなんともバチ当たりと思うのですが、成長期ってそういう側面がありがちですよね。
b0272040_09155508.jpg
歩いていると、まくら木が残っている場所があったりと、歴史を感じることができます。
ダウンタウンからここを抜け、ノース、カフクへと。
そしてノースにはハレイワホテル。この鉄道、ホテル…どういう景色だったのでしょうか。
ある意味、華やいだ時代だったのだと思っています。
b0272040_09161435.jpg
日蔭を発見。
正直、かなりの暑さです。ふたりとも大量に汗をかきました。
先を急がずゆっくりと、日蔭では休憩がてら水分補給を。必ず摂りました。
b0272040_13580400.jpg
途中、道が崩れている場所があります。ここでハーフくらいかなぁ。
b0272040_09162439.jpg
道幅が狭い箇所も幾つかありますが、ゆっくり歩けば危険なことはありません。
しかし天気が良すぎる。台風が近づいている筈なのですが…^^;
b0272040_09164473.jpg
お。保護区のフェンスが見えてきました。
ここまで来られたら、あと少しです。
b0272040_09165494.jpg
このフェンスは、この先にいる動植物を守るために作られたものです。
でも想像するに、マングース対策だと思います。
この先はハワイのコアホウドリがいるので、その卵をマングースに食べられないようにするためでしょう。
もちろん、マングースは元々この島に生息していたものではなく、人間が持ち込んだものです。
マングースは雑食ですから、ネズミなど人間にとって不要なものを捕食して貰う目的だったのですが、ハワイ特有のもの…例えばネネの卵を食べたりと良いことがありませんでした。
b0272040_13581634.jpg
靴に付いているかも知れない、植物の種などを私たちも落とします。
無駄に思うかも知れませんが、こういう場所ではちゃんとやりましょうね^^
b0272040_09173749.jpg
先端の岬を目指します。
あと少し!
b0272040_09174612.jpg
到着!
ゆっくりと来たので、50分かかりました。
早速、ノース側から来たカップルに「あなたたちはどのくらいかかったか?」と聞かれました。
50分と答えると、ノース側から来た彼らも50分かかったそうです。
どうやらここから、南ルートを目指すようです。
彼らの行方を眺めていると、一旦は南ルートを目指したものの、引き返してきました。
それはそうでしょう。 晴天すぎて体力が奪われているのだと思います。
b0272040_09180022.jpg
ラニポサミットの失敗を糧に、今日は水を沢山持ってきました。
そのうち1本は凍らせてきたので、とても冷たくて生き返ります♪
水の残量を気にしなくていいのは、精神的にも良くて、トレイルを楽しむことが出来ました。
b0272040_09183226.jpg
b0272040_13590606.jpg
ここにはコアホウドリのほか、ハワイアンモンクシールという固有種も来る場所なので、海の方へ降りてみました。
残念ながら、この日は見つけることが出来ませんでしたが、また来たいと思います。
何故ならば…さっきカネアナ洞窟で書いた「レイナ・ア・カ・ウハネ」を写真に収めることを忘れていたのです><;
b0272040_09184132.jpg
さて引き返します。
歩いていると、かなが「見つけたぁ~♪」と、嬉しそうに報告します。
何を?
b0272040_09195182.jpg
茂みの中に小さくうごめくものが…。
b0272040_09193700.jpg
居ました!
コアホウドリの赤ちゃんです♪
写真を撮っていると、先ほどとは別のカップルが近づいてきて、この鳥は何なのか聞いてきました。
英語はかな担当ですが、アホウドリの英名をかなは知りません。
そういうときは、えしゃにぃさんがいつも解決してあげるのです。 ごほんw
アルバトロス!
カップルも「oh!アルバトロス!」とちゃんと通じましたw
いや…ゴルフ用語だよね。ボーリングとかゴルフとか、日本でも使う単語なので知ってるだけですw
b0272040_09202437.jpg
往復約2時間のトレイル終了。
ここはもう少し天気が悪い日にもう一度来たいです。
今度はハワイアンモンクシールも見たいし、ノース側のモクレイア・セクションまで歩いてみたいです。
そうすると4~5時間はかかるかな^^;
なかなか大変なトレイルとなりそうです。

[PR]
# by eshani_silver7 | 2017-05-21 11:54 | 2016オアフ島旅行記 | Comments(12)
b0272040_09492031.jpg
ランチをする前に、カラカラの喉を潤します。
道端に自動販売機が無いハワイでは、コンビニが何処にあるかなど事前に知っておくと便利です。
もうひとつ覚えて損が無い場所があります。
その場所は薬局(Pharmacy)です。 
そしてこのPILL BOX Pharmacyは、カイムキの中心にあるので便利なんです。
b0272040_09493929.jpg
薬局とはいえ、雑貨なども取り扱う何でも屋さん。
お弁当なども取り扱っているので…。
b0272040_09494646.jpg
飲み物があります。
水と…喉がカラカラになった時、シュワっとした炭酸を飲みたくなるんですよね~。
そうすると、スプライト最強!
即購入確定~♪
b0272040_09495660.jpg
確かハワ恋でも紹介してたと思ったけど、ここのアイスクリームは美味しいそうです。
でもでも喉がカラカラなので今回はごめんなさ~い^^
b0272040_09501073.jpg
PILLBOXの外には、日除けとテーブル&椅子があったのでそこで『ごくごくタイム』です。
この時飲んだスプライトの味が今でもハッキリ覚えています。
う、うま~~~い!
生き返るとは、まさにこのタイミングのことでしょう。
カイムキの景色と風を感じながら飲むスプライトは最高ッス!
b0272040_09515961.jpg
お隣の一力、夜になると$1ビールやってる~!
でもまだ昼間なので^^;
さて昼食にしますかネ。
周辺にレストランがワッと固まっているので、このあたりでレストランを探すことにしました。
しかし知識が浅いw
もちろん、タウンとか有名どころは知っていますよ。 えぇそれはもう。。。
でも…恰好がとっても汚いんです。 そんな場所へ、優雅にレモネードなんて飲みに行けたものではありません><;
b0272040_09524564.jpg
SEED。
ああ聞いたことある(ので写真をパチリ)。でも確かここ、、、オシャレ系だよね。オーガニックとか?
さすがカイムキ。恐るべし! 
で…庶民はどこで食べたらいいんですか~?

あ!
b0272040_09530612.jpg
ジャワイアン・アイリー・ジャーク・レストラン(Jawaiian Irie Jerk Restaurant)
おお!知ってる知ってる!!(確かモーハワイで見た記憶あり!)
ジャマイカ料理の店だ。ここでジャークチキンを食べるのはアリアリ!
b0272040_12033884.jpg
ふぅ~ん(・ω・`*)
営業時間、終わってるのね。まぁ3時だもんね。
うんうん。庶民には食わせたくない、という話では無いもんね。そうだね。そうだね。
b0272040_09531607.jpg
コーヒートーク。
うん、この時間ならばこういう店がいいのだろうね。
でもパンとかスコーンとか、今お口が欲しているのはこういう系統では無いんですよね~~~!!


その結果。
b0272040_09534231.jpg
サイゴンにしました。
そそ、塩味が欲しいんですよ~。あと肉系ね♪
この店、とおしで開けているみたいで助かりました。
b0272040_09534803.jpg
お客は先に1組居ただけでガランガランですw
外は暑いので、休憩がてらのランチにしては良い店です。
さて、頼んだものは…。
b0272040_09541017.jpg
サマーロール。
最初、春巻きなのでスプリングロールで頼もうとしたら店主に「生の方はサマーロールと言うんだ」と教わりました。
今さら感ですが、そんなことも知らずに今まで生きてきたとはw
揚げた方はスプリングロールでokです。
定番でシャキシャキとして美味しかったです。
で、もっと美味しかったのが…。
b0272040_09213618.jpg
b0272040_09544116.jpg
オックステールヌードル。
麺はたまご麺? 的な色ですが、これまた旨し。
b0272040_09544621.jpg
お肉は個別に取り分けて頂きます。
オックステールスープだと、ごはんが欲しくなりますが、ここはそのまま麺をじゅるじゅるとね♪
b0272040_09545350.jpg
あと気になったのが、左側のプリン。
食べているとき、わざわざこれだけ買いに来た女性がいて、きっと美味しいんだろうな~と思ったものの、この時は甘いものを欲しておらずパスしました。

初日に食べたザピッグ&ザレディ然りですが、ハワイでのベトナム料理って、もはや外すことの出来ない定番化しているように思います。
本場のベトナムで食べたことは無いけれど、日本人の舌に合う料理でどの店も美味しいです^^♪
次回訪れた際にも、またどこか行ってみたいと思いました。

b0272040_09591077.jpg
食後は一旦アコモまで戻ります。
ワイアラエaveはワイキキ方面へ全部下りなので、バスは利用せず自転車を走らせます。楽チンだね♪
b0272040_09590163.jpg
b0272040_09592604.jpg
ハワイの景色。
テレビで見た事のある店があったら、思わずパチリと撮りたくなります。
ワイアラエaveを下りきり、カパフルaveと交差した地点まで来ました。
b0272040_09593361.jpg
ほほぅ。ここにカフェ・カイラ。
皆さん朝、ここまで歩いて来ているのでしょうか?
ツアーで連れてきて貰っているのかな。ワイキキからは少々距離があるものね。
私たちならレンタサイクルで、ここまでなら楽勝ですが^^;
b0272040_09594007.jpg
ここからはカパフル攻め。(てかワイキキに帰る道のりとも言うw)
レナーズ。
一時期はね。
最終日に空港へ向かう途中、H1へ乗る前にここに立ち寄り、最後のハワイのひとときを楽しむのが定番でした。
美味しいけれど、名残惜しい味という記憶です。
ここでマラサダを頬張り、またハワイへ来ようと誓うのでした。
b0272040_10000351.jpg
イリフネ。
いつも候補に挙がるものの、結局まだ行けていない。
隣にアンクルボーズ・ププバーグリルがあるので、二次会はそこへ行くという計画です。
でもこのイリフネ、どうやらクローズするようです。 …残念です。
b0272040_10001559.jpg
左奥にサンライズ。
ここも行けていない…沖縄料理の店で、日本人が経営しています。
美味しいと評判なのでいつか行きたいものの…です。
b0272040_10002231.jpg
レインボードライブイン。
ここまで戻ってきました。あと少し。
私たちがハワイ旅行を定番化させたスタートである2009年。
最初のごはんが、ここレインボードライブインでした。
頼んだものはグレービーたっぷりなロコモコと、ミックスプレートという超ド定番をオーダー。
最初のランチから重たく、胃もたれをスタートさせた場所でもあります。
ここ、夜に来ると雰囲気が良くってね。
写真どこかにあったかな…。ちょっと待って、探してみます。
b0272040_09530397.jpg
あったw
同じく2009年に、歩いてカパフル散策をした帰りに撮りました。
画質はイマイチですが、ここは可愛くて何かホッとするんです。 癒しですね♪
b0272040_10004304.jpg
カパフルから離れ、クヒオaveに進入します。
もうワイキキです。お疲れ様でした~^^
b0272040_10023641.jpg
アコモへ到着。
ここで一旦軽くシャワーを浴びて汗を流し、着替えてアラモアナへ行くことにしました。
自転車でゆっくり帰ってきたことでも分かるかもですが、予定が大幅に狂っているので全部デリートして夜ごはんまで時間が余ったのですwww
いやでもね、アラモアナCは1回は行かなくてはです^^ 結果オッケーという事で…なははw
b0272040_10010624.jpg
まずは自転車を返却しにクヒオaveを西へ走らせます。
b0272040_10011590.jpg
b0272040_10021323.jpg
b0272040_10021853.jpg
丸亀製麺は何時に行っても行列があります。
凄い人気ですよね。
で、日本では「マルガメ」と言いますが、ハワイでは「マルカメ」と言います。
理由はカンタンで、マルガメをローマ字表記をすると「MARUGAME」となり、マルゲームと読まれてしまうからなんです。
b0272040_10022276.jpg
2年ぶりのワイキキは、知らない店も沢山あります。
出来ては消え…それがワイキキの新陳代謝ですから、驚いてばかりいても仕方ありません。
b0272040_10025021.jpg
ザ・バスに乗りアラモアナへ。
歩いて行ってもいいのですが、ぶっちゃけこの日は疲れ切っております^^;
ラニポサミット恐るべし!
b0272040_10030182.jpg
まずはマカイマーケットから、アラモアナCへエントリーを開始します。
b0272040_10031832.jpg
噂どおり、とても綺麗になっていました。
ハワイを定番化する以前、ハワイへ何度か来たことがあるんですが、その時はハワイへ来ることが目的だったので、着いてからは何も決めていなくてひたすらトロリー乗ったり、このマカイマーケットで食事をしていました。
今考えると勿体ないことをしていますが、それでもその時は楽しかったのです。
「今日何する?」「ん~どうしよう?」「とりあえずアラモアナCへ行こうか」って感じがほぼ毎日でした。
来たところで買い物をする訳でもなく、ひたすらブラブラ歩き適当にジュースを買って最後にはここに来る。昼も夜もここで食事でしたw
b0272040_10530309.jpg
さて。
実はアラモアナCへ来れたなら、2箇所ほど行きたい店を決めていました。
定番となりつつある、かなちゃんタイムの始まりです。
b0272040_10533381.jpg
まずは新しく出来たブルーミングデールズ。(すみません、2015年はハワイ来ていないので私にとっては新しいのです)
ここに来た目的はひとつなので、ぶらぶらしません。
b0272040_10534851.jpg
はいはい~コレです。ド定番のやつ。
このカラフルな方のバッグを買います。税込で$27.22のお買い上げ。
いつものバッグよりかは安いので、助かりまーっす!
かなはこれに勉強道具とか水筒を入れて、サブバッグとして毎日会社へ持って行っています。
b0272040_10540328.jpg
続いて、かなが最近お気に入りの店であるデジグアル(Desigual)。
何かの雑誌でアラモアナCに出来たことを知ったので、来れたならばここは必須です。
実は写真に写っているかなが着ているのもデジグアルで、コートやら何点かこの店の服を持っています。
b0272040_10542352.jpg
早速店員と話し物色中。
そしてさすがアラモアナC、日本語が通じます
いや当たり前と思いがちですが、私たちが行く先々ではほとんど通じません。
ワイキキとアラモアナが特殊なんですよね。
だいぶ中国におされてきていますけど、まだまだ日本人は上客という事なのでしょう。
b0272040_10543120.jpg
結局、この右側の服が欲しかったのだけれど、サイズが無く諦めました。
かなはとにかく細いんです。
ウェストは60cmを切っていますから、そこらへんのグラビアアイドルのウェスト60cmという数値を見ると、嘘なのがハッキリと分かりますw
40歳を過ぎているのに、白髪さえもないからねぇ…。無駄に元気だし、羨ましいことです^^;
ちなみに日本に帰り、表参道の店舗へも行ったのですが、この柄が日本に入ってきておらずでした。
ちょっと大きくても買っておけば良かったと、後悔しました。ハワイで買い物で悩んだら「買っちゃえ!」なんですよね^^
ここでかなちゃんタイム、終了です。(ふぅ~安く済んだね)
b0272040_10544698.jpg
じゃあ飲みますか♪
白木屋に来ました。
b0272040_10551472.jpg
まずはここで0.5次会です。
実のところ、初白木屋です。改装前に来たことが無いので、昔の雑多な雰囲気を知りません。
改装後は綺麗で、人が大勢居ることに驚きました。
してして、目的はもちろん…。
b0272040_10554656.jpg
$1ビールです。
時間が在れば…
b0272040_10555857.jpg
タワーを頼みたいところですが、今回は別の店へ行く予定なので断念します。
でもね、$1ビールで十分な量があります。バドライトは水みたいだけどねw
b0272040_10560900.jpg
ここで素敵な出会いがありました。

席が一杯だったので、ひとりで6人掛けを陣取っていた日本人の若い男の子に、端の2席を譲って貰いました。
ほどなく50歳くらいのチャーミングなお母さんと、大学生で来年就職するというお兄ちゃんが戻ってきました。
横浜から旅行で来たそうです。

最初は、年頃の男の子2人がお母さんとハワイ旅行へ来ていることに、びっくりしました。
普通、嫌がるでしょう?
でも話してみるとその理由はすぐに分かりました。 
家族とても仲良しで、小さな頃から夏休みになると1ヵ月ハワイへ滞在することが定番で過ごして来たそうです。なんとも羨ましい。
その滞在ハワイ。実はオアフ島ではなく何とモロカイ島でした。
私たちも一昨日、モロカイ島から移動してきた事を告げると、とたんに意気投合します^^

何故モロカイ島なのか聞くと、お母さんが少し話してくれます。
その昔、知り合いの紹介でモロカイ島のコンドミニアムをお母さんの父が購入しました。
そこでお母さんも休みを過ごし、結婚して子供達が生まれても毎年、モロカイ島で過ごしてきたそうです。
でも、その父が亡くなった際、相続でコンドミニアムを手放してしまったのです。
でもね…やはり毎年過ごしてきた場所ですから忘れることが出来ず、今はコンドミニアムを借りて過ごしているそうです。
モロカイ島と言ってもカウナカカイからはるか遠く、島の北西部分なのです。何も無い場所です。
でもね、携帯で撮った写真を見せて貰ったら海がとても綺麗でした。
そこで毎日、海遊びやプールで遊び、お腹が空いたらみんなで料理をして食べる。夜はただひたすら静かで星空が綺麗ば場所。
お母さんは「オアフ島って騒がしいでしょう?だから疲れるんです。モロカイは…」と言いつつも「夜になるとね、ワイキキの灯りが見えるの。それ見てると寂しくなって涙が出ちゃった」と言いますw
静かなのがいいのか、静かなのが嫌なのか…言ってることがアベコベだけれど、何だかとても愛らしいお母さんでした^^♪
子供達は大きくなり、あと何年、毎年同じように過ごせるか分かりません。
でも。
もしかしたら孫が出来て、これからも一緒に過ごしていくのかも知れませんよね。
長男とも会話しましたがとても明るく元気で、真っ直ぐに育ってきたのが良く分かりました。
素敵な出会いでした。 横浜のお母さんありがとう♪ アロハ♪♪


さて、アラモアナCを出て今夜の戦場へむかいます。
ケアモクstを北上し、シェリダンstに入ると…。
b0272040_10565930.jpg
真言宗ハワイ別院があります。
真っ暗ですねw 正面に弘法大師がいらっしゃり、両脇に風神雷神が脇を固めています。
以前、昼間に訪れたことがあるんですが…(写真探すの面倒でヤメましたw)

そのむかいにある店が今夜の戦場です。
b0272040_10571536.jpg
バック・アーリー・カフェ(Back Alley Cafe)です。
バックアーリーカフェは、看板にハングルが書かれているとおり、韓国人系経営のバーです。
でもね、とっても入りやすいバーなんですよ^^
b0272040_10583573.jpg
こじんまりとしていますが…。
b0272040_10592462.jpg
さすが韓国系。
ユーロ系な韓国ミュージックをガンガンかけています。
日本とは違い、お姉さん系が多くて脚を露出しているのが特徴ですね。むふw
b0272040_10583950.jpg
店の奥にはカラオケルームが。
日本文化が融合しているのか、はたまた韓国でもカラオケは一般的なのか分かりませんけど。
b0272040_10574088.jpg
昨日のローラズグリル&ププバー(Lola's Grill & Pupu Bar)で美味しかったステラ・アルトワ (STELLA ARTOIS)からにします。
昨日は試飲で無料だったので、恩返しです。(いや、単純に飲みたかっただけw)
そして、この店のププはなかなか日本人好みです。
b0272040_11001045.jpg
まずは生ガキ。
何故レモンが立っているのかは不明ですけれど、やっぱウマイね。期待どおりの味で満足満足♪
b0272040_11002724.jpg
刺身も注文。
b0272040_11003215.jpg
ウマイじゃないかー、と頬張るかなちゃんw
見た目はイマイチですが、味付けが日本風で美味しかったです。
b0272040_11004682.jpg
巻き寿司系も見た目がイマイチですが、美味しかったです。
今回行った店の中では、少々値段が高めですが、本当に少々です^^
b0272040_11010494.jpg
満足♪(酔ってヘンな顔していますが、不機嫌ではありません)
そしてかなが一番満足したのが、
b0272040_11013510.jpg
この店のハイテンションお姉さんです。
左側の露出の多いお姉さん、笑顔満載でとにかく明るい方でした。
かなは女子が大好きなので…。
b0272040_11014870.jpg
一緒に撮らせて貰いました。
いや~楽しかった~笑った~♪♪
b0272040_11032428.jpg
しかし今夜は飲みましたなぁ~。
かなもハイテンションになってしまい、ケアモクstを元気に南下して行きました。
かなは俺よりも酒が強いですが、飲み過ぎると若干(いやかなり)面倒な子に変身します^^;
うーん…面倒だw
b0272040_11034534.jpg
b0272040_11035095.jpg
アラモアナCに到着。
若干夜も遅いので、人もまばらです。
そのまま通路を抜けきり、トロリー乗車します。
b0272040_11043937.jpg
乗客。
皆さん酔っていませんw ごめんなさいベロベロでw
b0272040_11052412.jpg
カイハロハを通過したのでパチリとね。
2013年に泊まりました。ここ良かったので、また泊まると思います。
b0272040_11052844.jpg
テンションが下がって来て、「眠いの~」を連発。
よしよし、寝てくれれば面倒臭く無いからね^^
b0272040_11072832.jpg
b0272040_11073219.jpg
今夜は歩かず、クヒオaveまでトロリーで戻りました。
いい感じで酔ったものの、お風呂は入れてちゃんと入ってから就寝しました。
今夜はお部屋で2次会はナシです。


さて明日は終日動ける最後の日。 たくさん楽しもう♪
おやすみなさい☆☆☆

[PR]
# by eshani_silver7 | 2017-05-06 18:56 | 2016オアフ島旅行記 | Comments(10)
b0272040_09191237.jpg
月が替わりました。
今日は2016年9月1日(木)です。
台風はオアフ島へ土曜から日曜の間に通過する模様…帰国の日にドンピシャですが、北側を通過するから大丈夫かな?
b0272040_09193012.jpg
今日もこれから一日が始まっていきます。
目の前のホテルの窓に朝陽がキラキラと反射して、これからの一日にワクワク感が沸いていきます。
そしてその奥には、2013年に親とハワイへ行った際に泊まったアストンワイキキビーチタワーがニョッキリとそびえ立っています。
素晴らしいアコモでしたが、お値段もそれなりで…もう泊まることは無いだろうwww

さ。
今日も一日、メ一杯ハワイを楽しもう~♪♪
今日は、楽しみにしていたラニポ・サミット(Lanipo Summit)です。
ラニポサミットとは別名で、正式にはマウウマエトレイル (Mau'umae Trail)という、リッジトレイルです。

んー何ですかね^^;
ハワイに来てビーチへ行かず、ブランドショップを廻るでもなく、ひたすら山や森の中を散策する旅ってね。
いやもはや、今回の旅ではカイルアノースショアにも行かなくなってしまい・・・
君はナニシニハワイ?
という感を自分でも感じて始めております。なははwww でも今これが楽しいんです。
b0272040_09194946.jpg
さて、むかう先はカイムキです。
山の方を見ると、朝から雲がかかっており一抹の不安を覚えます。
まぁ台風が近づいていますからね。 道がぐちゃぐちゃしているかも知れませんが、覚悟して参ります。
b0272040_09202367.jpg
まずはザ・バス#23をつかまえました。
#13でもokですが、カイムキへ行くためには、どちらも乗り換えが必要となります。
でも今回#23が来たので、途中からはレンタサイクルでカイムキタウンまで行き、そこで朝食した後にトランスファーチケットを使うことにしました。
#13が来た場合、ずっと登り勾配なのでレンタサイクルでは若干キツイんです。
な~んてことも、現地で考えながら行動することが、また楽しいんです♪
b0272040_09210959.jpg
#23は混雑していました。
これも経験済です^^
みなさん、トレイルをするスタイルですからダイヤモンドヘッドを目指しているんですよね。
バスはモンサラットaveをモリモリと登って行きます。
b0272040_09212626.jpg
途中、右手にはここ。
ダイヤモンドヘッドコーヴヘルスバー、ボガーツ、そして行ったことが無いですがサニーデイズ。
ここまで朝食を食べに来ることも、また楽しいですよね~^^♪
b0272040_09213461.jpg
ダイヤモンドヘッド登山口のバス停を過ぎたらもう、こんなものです。
てか乗客は私たちだけになってしまいました。
確かもう少し行くと、通学の女子たちが乗り込んでくるんですが、その前に下車します。
b0272040_09231441.jpg
自転車でカイムキに入りました♪
まずここで、朝食タイムにします。
カイムキはグルメタウン。
でもでも、朝食から開いている店は地味に少ないんですよね。
b0272040_09231965.jpg
ココヘッドカフェは有名ですね。
あと、カイムキスーパレット(Kaimuki Superette) とか…なんというか、お洒落な店が多いです。
でも私たちはこれからトレイルするので、スタイルを気にせずガッツリ行きたいところです。
そうするとですね、もはや1択です。
b0272040_09232788.jpg
はい~久しぶりのコアパンです。 恐らく5~6年ぶりくらいです。
コアパンケーキハウスは今や日本(渋谷)にも上陸していて有名ですけれど、わざわざカイムキに来てまで、ここは行かないでしょうね。
b0272040_09233901.jpg
時間が早く空いていますが、徐々に席は埋まって行きました。
現地の人はToGoしていく方がほとんどです。 まぁ平日ですからね。
そして思ったよりお洒落ですw
b0272040_09262125.jpg
注文を済ませ、珈琲を飲んで待ちます。
どんな朝も、私たちは朝、珈琲から一日をスタートさせます。
飲まないと、カチッとスイッチが入らないんだよね。必須な儀式なんです。

すると。
ん?
b0272040_09244014.jpg
セーラー服w
コスプレガールではなく、お母さんと朝食を食べていたので、ちゃんとした制服なのでしょう。
日本文化がこんなところまで?
真っ黒に日焼けしたロコガールがセーラー服だったので、このアンマッチ感で思わず撮らせて頂きました。

b0272040_09252686.jpg
注文したのはほうれん草とマッシュルームチーズのオムレツ $9.15
これにマカデミアナッツパンケーキ $2.25 と、ライス2スクープ $1.75をアッドしました。
キャッシャーの支払いですので基本的にはチップ不要、合計$17ちょっとです。
b0272040_09253477.jpg
オムレツはほうれん草とチーズの組合せが、私的にはナンバーワンです。
朝からハムやベーコンの肉系の重いものより、サクサク食べられるほうれん草が良いです^^ 野菜が不足気味になりますし。
エッグベネディクトを注文する場合も同様に、オリジナルのものは重いので、野菜系をチョイスすることにしています。

久々の『ハワイならパンケーキとオムレツ』を復活させました~^^♪
毎日は無理だけどwww

b0272040_09265132.jpg
さて朝食とトイレを済ませたならば、ザ・バスのチカラを借ります。
#14は約1時間に1本と本数が少ないため、事前に調べておきます。
今回トライするラニポサミットのトレイルヘッドは…
b0272040_08294066.png
ワイアラエaveの横から真っ直ぐ伸びるウィルヘルミナ・ライズ
その終点から更にあがったマウナラニ・サークルからのトレイルとなります。
b0272040_09274695.jpg
バスはウィルヘルミナライズを真っ直ぐ上がる訳ではなく、つづら折りの道路をぐるぐると上がって行きます。
このあたりに住んでいる方も利用していますが、このあたりに住んでる方は比較的お金持ち(クルマ持ち)ですから乗客は数名でした。
なので#14の本数も少ないのかもね^^;
b0272040_09275534.jpg
終点近くで上から眺める場所を通過。
遠くにダイヤモンドヘッドが眺められ、もの凄くハワイを感じることができます。
b0272040_09280317.jpg
頂上のバス停に到着。
ここからバスは下りを開始して行きました。
レンタサイクルはここに係留し、トレイルヘッドまで歩きます。
b0272040_09282013.jpg
oh!
これまた失礼w
しっかしw こんなものまで売ってるんですねぇ~。 朝から大笑いしてしまったww
b0272040_09283400.jpg
トレイルヘッドに到着。
丁度、クルマ(レンタカー)で来た本土からの観光客と思われるカップルも、ここに入っていくようです。
お先にどうぞ~と言われたので、先行することにします。
b0272040_09285222.jpg
ラニポサミット…7マイル!?
う…うそ~んw
1マイル、約1.6kmだから11.2km?
このトレイルは、バスでかなり上がってきた後からのリッジトレイルのため、登りばかりでは無いものの
基本的には平地では無いため、普通に歩くよりも時間を要します。
しかもこれ片道ですからね。 帰りは下りばかりという事でも無いですから同じくらいの時間を要すること
になりそうです。
b0272040_09292393.jpg
とはいいつつ、時間は朝9時くらい。
十分に時間がありますから、行くしかありませんね♪

歩いて10分程度で…。
b0272040_09295143.jpg
いきなりの絶景ポイント到着。
右も左もストンと落ちていて、道幅が狭いです。
でもでも。
b0272040_09302097.jpg
こんな写真を撮りに「ここまで」来るのには良いと思います。
しかしながらこの日、台風が近づいているため、風が強くてもの凄く恐かったです。
最初の岩場は風の影響からミリミリしか進むことしか出来ず、思ったよりも時間がかかってしまいました。
b0272040_09311939.jpg
岩場を抜けると歩き易い道に出ます。
登ったり下ったりを繰り返し、楽しくトレイルすることが出来ます。
b0272040_09314170.jpg
進行方向から右手を見るとワイキキのホテル群、そしてダイヤモンドヘッドを眺めることができて
気持ちがいいです。 ロングトレイルとなりますが、これならばなんとかなりそう♪
と、最初は思うんです。
b0272040_09332903.jpg
進むにつれ、道がどんどん分かりにくくなります。
それと。
b0272040_09360336.jpg
鎖場というのでしょうか。
私たちが見ただけでも5~6箇所ありました。急勾配を登る場所が幾つかあります。
まぁこれは楽しいです。
でも…。
b0272040_09395155.jpg
道がな~い!
いわゆる藪漕ぎトレイルとなり、体力が奪われていきます。
それとこのトレイル最大の敵があります。
それがこれ。
b0272040_09401631.jpg
写真右側が道なのですが、この草がトゲトゲしています。
私は短パンでトレイルに来たのですが、5か所ほど出血してしまいました。
歩くたびに「イタッ! イタタ!!」と声をあげながらの進捗となりました。
ここに来るならば長ズボンが必須なのと、近くの木を頼りながら進む場所があるため軍手も必要です。
b0272040_09374734.jpg
ふと左手を眺めるとご褒美が♪
これ、カウクレーターです。
私の中でハワイアンミュージックと言えば、真っ先に浮かぶのがKA'AU CRATER BOYSです。
「Surf」なんて聞くとハワイ感満載ですが、「ミスターレゲエ」などハワイとジャマイカの音楽を融合させたジャワイアンミュージックというジャンルの音が、私がこのグループを好きになったキッカケです。
ギターとウクレレが混ざり、かつ明るい雰囲気という訳でもないハワイアンが、私の中ではしっくりくるんです。ハワイといえば、この曲だね~となります。
b0272040_09082295.jpg
クレータの下には水により削り取られ、川が流れていました。
よし、もうひと頑張りしよう!
b0272040_09363954.jpg
水だけではと思い、ここで粉末のポカリを投入。
地味に汗をかいてしまっているので、スポーツドリンクで補給が必要です。
さて。
b0272040_09374064.jpg
滑りやすい急勾配もモリモリと上がっていきます。
しかしながら。
b0272040_09390128.jpg
b0272040_09124623.jpg
トレイルエンドまでは、まだありそうです。
あそこがトレイルエンド? それとももう少しなのか??
このトレイルを開始して3時間が経ちました。
しかしながら、誰とも遭遇していません
すれ違うトレイラーが居るなら情報が貰えるのですが、それどころか追い越しもなく…。
入口で会ったカップル以外、誰にも会えない寂しいトレイルでした。(ちなみにカップルは早々に折り返した模様)
それはそうだよね。
道の整備具合…藪漕ぎだったし、あまり来る人が多いトレイルでは無さそうです。

エネルギー残量を確認します。
b0272040_09391691.jpg
1.5リットルあった水は、残り500mlしかありません。
てか元々1.5では全然足りません。最低2リットル。でもギリだろうね。
水は余裕を持って3リットルは必要です。

時間は12時を過ぎ、帰り道も同じくらいの時間を要しそうなこと、加えて水が残り少ないため、
ここで断念することにしました。かなり喉が渇いてきています。
b0272040_09411322.jpg
帰り道、やはり少し標高が下がっただけで雲が無くなり暑いです。
足に絆創膏を付けてたのですが、戻ってきたときにはそれも何処かで剥がれていました。
過酷なトレイル…。
ぶっちゃけ、このトレイルはお勧めしません><;
また来るか? と言われれば、答えはNoかなぁ~。
十分に準備すれば行けそうですが、行った先に何があるのか…苦労のご褒美な景色があればいいのですがね。
苦労だけな気がしますw
b0272040_09293289.jpg
無事に入口まで戻ってきました。
ここに到達した時、正直ホッとしました。
往復で5時間ちょっとかかりました。 水は底をついています。

何とか無事にバス停まで戻り、汗拭きシートで泥や汗を拭きとります。
さてここからは。
b0272040_09413521.jpg
そそ。
ウィルヘルミナライズですよぉ~!
b0272040_09414843.jpg
準備はいいようです。
行くぜ!
b0272040_09422979.jpg
ひゃっほ~ぃ♪
景色最高なオール下り♪
景色も最高! でも暑い~w
交差する道の左右からクルマがくることもあるので、十分に気を付けて降りました。
b0272040_09425162.jpg
最後はちょっと登りなので、勢いつけてワイアラエaveまで戻りました。
ふぅ~疲れました^^;
小休止も兼ね、移動はせずにカイムキでランチすることにします。
本当はアラモアナへ行くつもりだったけど、時刻は2時をとうに過ぎているんですよね…。

つづく

[PR]
# by eshani_silver7 | 2017-04-30 09:36 | 2016オアフ島旅行記 | Comments(8)